スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕎麦道

DSC_0044.jpg

 奥藁科に数多くある在来種の中で
 有名なもののひとつに“蕎麦の実”があります。

 先代から引き継がれてきた
 地域の宝であるこの“蕎麦の実”を、
 栽培から加工、蕎麦打ちまで
 一貫したこだわりを持ちながら
 実施しているのが“大川百年蕎麦の会”です。

 先達て、蕎麦打ち技術の伝承のため
 地元の匠から直接指導が受けられる
 定例の蕎麦打ち教室が開催されました。

 経験は個々で様々ですが
 こだわりの蕎麦粉で
 美味しい蕎麦を打ちたいという
 共通の想いを胸に、
 皆、真剣に蕎麦打ちに励んでいました。

 いつの日かこの奥藁科の地が
 蕎麦の里と呼ばれる日を夢見ながら
 蕎麦打ちの技術習得に向け
 精進する日々です。

 
 

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。